種々の生物のゲノムの高精度な解析により、農畜産業の発展をサポート

国立遺伝学研究所 情報研究系 大量遺伝情報研究室 中村保一

国立遺伝学研究所 情報研究系 大量遺伝情報研究室 中村保一

日本DNAデータバンク(DDBJ)の業務を担当する研究室として、高度なゲノム情報解析とそのデータベース化や、アノテーションの質の向上に取り組んでいます。DDBJへの高速かつ正確なデータ登録を支援します。また進化研究上、あるいは産業上重要な生物種の高精度な解析を共同研究により実施し、そのゲノム情報を提供しています。ミカン、ゴムノキ、イエネコなどのゲノム解析の経験があります。

研究開発

技術相談

サポーター会員

当研究室の最近の研究対象です。様々な研究先がお持ちの材料の塩基配列解析を共同研究で実施しています。

最近の成果として、2020年1月に、基部陸上植物であるゼニゴケのゲノム完全解読を実施し、高いインパクトのある科学雑誌 Current Biology誌に論文発表しました。

現在、イエネコのアメリカンショートヘアのゲノム完全解読を実施中です。この情報を基盤として、ペットの高度医療、予防医療に役立つデータベースを構築します。

AOIフォーラムで
やりたいこと

育種には、DNAの多様性が必要です。多様性がないと特定の病気で全滅する可能性があるため、圃場内に計画的なバラつきを維持しながら生育することも大切です。これらの観点から、生産に関するコンサルティングも行います。

こんな方を探しています

セロリやアスパラなど、未だにDNAの完全解読が行われていない野菜もあります。DNAの情報を整理することで、生産性、 耐病性などの向上に役立てられます。また配列を明確にすることで、品種の海外への不正な流出を防ぐ手立てにもなります。気軽にご相談ください。

コーディネーターからのコメント

中村教授は日本DNAデータバンク(DDBJ)の業務担当として、スパコンを活用したDNAデータ配列の解析やデータベースの構築を行なっていらっしゃいます。最近では柑橘系の系統樹の解析に関する論文も発表されています。

コーディネーター

内藤

基本情報

会社名    国立遺伝学研究所 情報研究系 大量遺伝情報研究室 中村保一

所在地    静岡県三島市谷田1111

設立(創立) 1949年

TEL    055-981-6859

FAX    055-981-6889

URL    https://www.nig.ac.jp/nig/ja/research/organization-top/laboratories/nakamura

Contact

国立遺伝学研究所 情報研究系 大量遺伝情報研究室 中村保一に
問い合わせをする

活動内容のご確認や、コラボレーションのご相談などのお問い合わせは以下よりご連絡ください。

※お問い合わせはAOIフォーラム会員以外の方でも可能です。
※お問い合わせ内容はAOI機構にも同時に通知されます。

Let's join us

AOI
フォーラムに
参加しませんか?

AOIフォーラムは、先端技術を農業分野に応用し、静岡から「世界の人々の健康寿命の延伸と幸せの増深」に貢献するための会員制のフォーラムです。AOIフォーラムへの入会に興味のある方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。

フォーラム会員との交流やイベントへの参加を通じて、農業業界のトレンドの情報収集ができます。

フォーラムでの活動やWebサイトを通じて、協業を求めている事業者や、自社事業に活用可能な研究と出会えます。

コーディネーターとの相談を通じて、事業計画作成サポートや補助金情報など、プロジェクト立ち上げの支援を受けられます。